戦国時代

実は黒幕が!?教科書に描かれない本能寺の変の真実に迫る!

なぜ明智光秀は織田信長を討ったのか。

単に天下をとりたかったからなのか、それとも他に理由があったのか。

真相がはっきりしないまま今もなお語り継がれている本能寺の変。

今回は黒幕の真相をまとめてみました。

 

本能寺の変とは

1582年6月2日、京都の本能寺に宿泊していた織田信長が、家臣である明智光秀に襲撃された事件です。

戦国時代における最後の下克上とも言われ、織田政権が崩壊して戦国乱世が終息に向かう契機となりました。

明智光秀が反乱を起こした理由というのが、いまだ謎に包まれており、陰の黒幕がいたのではないかという可能性も指摘されています。

では、その黒幕の真実というのは一体なんだったのか?

いくつかある定説をピックアップしていきます。

実は黒幕の存在が!?本能寺の変の真相に迫る

 

徳川家康説

家康は信長の部下ではなく、同じ大名としての同盟者という関係性でした。

当然ながら家康も天下を狙っていたに違いないので、黒幕の人物の一人として十分に考えられます。

堺の商人たちと親しくしていた家康は、南蛮貿易を進めていた信長の動きが堺の商人たちの利益を奪うものであったため、信長を討つという決断を下した可能性があります。

また、信長に毒殺されそうになったこともあり、相当な恨みを持っていた家康が信長に殺意を抱くのも不思議ではありません。

 

豊臣秀吉説

秀吉は織田家の中でも最も扱いが低い存在でした。

柴田勝家や滝川一益といった実力ある譜代の家臣たちがいる中、「自分がトップに立つのは難しい」と考え、一発逆転を狙って信長の暗殺を企てていたことが大いに予想できます

当時、秀吉は明智光秀と共に信長から山陰と山陽地方の攻略を任されていました。

この状況下の中、「光秀と一緒に西日本を押さえられる」と秀吉が光秀にけしかけ、信長の暗殺を決行させることも高い確率で可能です。

中国大返しもかなり速いスピードで成功させ、都に帰還したことも考慮すると、緻密に戦略を練っていたに違いありません。

その後、光秀を倒し天下人まで一気に昇りつめたから怪しさが大きいです。

 

安国寺恵瓊説

山梨の武将である武田信玄の死後、信長にとって最も脅威的な存在となったのが中国の毛利氏でした。

毛利氏は信長に派遣された秀吉と攻防を繰り広げていたのですが、信長の本格的な攻勢が始まることを知ったことで存亡の危機に直面しました。

この時に毛利氏の使僧だった安国寺恵瓊が、秀吉や光秀の全面協力を元に信長暗殺をけしかけ実行した可能性が浮かび上がります。

秀吉の時代に入ってから、安国寺恵瓊や毛利氏は高待遇を受けていたので、秀吉が天下を取れたのが安国寺恵瓊や毛利氏のおかげであれば信憑性があります。

 

朝廷・公家勢力説

天皇の住まいである清涼殿を模した御殿を造営していたことが発掘調査で明らかになっている安土城。

天皇を安土に迎える構想を信長が抱いていたことが考えられます。

もしこの構想が現実となった場合、公家勢力が「朝廷の実権が信長に握られ、自分たちの地位が消滅してしまう」と危機感を感じた可能性が十分に考えられます。

この危機感から信長の暗殺を実行したのではないか、ということです。

また、本能寺の変の数日前に朝廷がいる中で歌会が開かれました。

その時に信長を討つことを連想させるような歌を光秀が詠んだと言われており、朝廷側も同じような歌を詠んだとされています。

 

イエズス会説

イエズス会は、スペインで設立されたカトリック修道会で、フランシスコ・ザビエルが1549年に来日したことでも有名です。

当時、日本にキリスト教を伝えていたこのイエズス会が黒幕なのではないか、という説になります。

キリスト教の布教を認め、南蛮貿易で利益を得た信長にとって、天下統一にはイエズス会との良好な関係も大きく貢献しているのではないかと言われています。

しかし、イエズス会から資金提供も受けていた信長ですが、イエズス会に逆らって自らを神格化したために見捨てられ、暗殺されたとされています。

 

足利義昭説

室町幕府最後の将軍で、信長包囲網を築き上げ、陰謀将軍の異名をとる足利義昭。

信長による京都追放後は、備後の鞆に在住しながら策謀を続けていました。

将軍という立場から、暮らしぶりは良く、鞆幕府という呼び名まであります。

本能寺の変の翌日、明智光秀が足利義昭に手紙を書いているのですが、この手紙に毛利氏と共同して羽柴秀吉を討ってほしいという記載があるのです。

この手紙の存在は、川角太閤記に記載がありますが、原本がもう残っていないため、本当のところは不透明です。

ただ、これがもし本当であるのならかなり真実味が帯びた説となってきます。

まとめ

いまだ真相がはっきりとしないまま語り継がれている本能寺の変。

最近の記憶だと、小栗旬が主演を務めたテレビドラマ信長協奏曲が2016年に本能寺の変を最終章として映画上映されました。

明智光秀の野望説、つまり光秀自身が天下をとりたかったのではないかという説が一番とされていましたが、当時の下克上の風潮を考えると容易に受け入れることができました。

そこで浮かび上がってきた数々の諸説から黒幕の存在。

新しい時代へ突入しても、本能寺の変の謎はこれからも多くの人に疑問を残していくでしょう。